HexagonのHxDR技術を使用した構造物の分析

クラウドでのリアリティキャプチャとデジタルツイン

HxDRはHexagonが提供するリアリティキャプチャと地理空間データのためのクラウドベースのストレージ、データの可視化、コラボレーションプラットフォームです。

Hexagonは、革新的なクラウドベースのデジタルリアリティ・ビジュアライゼーション・プラットフォームHxDRで、プロフェッショナルがより多くの情報に基づいた意思決定を行うことをこれまで以上に容易にしています。この画期的なプラットフォームは、実世界の正確なデジタル表示を実現し、エアボーン画像とレーザースキャン、屋内 / 屋外の地上スキャンデータ、モバイルマッピングデータをシームレスに組み合わせます。 

Cookieを受け入れなかったため、この動画を表示できません。

Hexagonの社長兼CEOである Ola Rollén は、次のように述べています。「当社は、世界をリードするセンサーとビジュアライゼーション・サービス・ポートフォリオから取得した膨大なデータのライブラリを持つことで、この革新的なプラットフォームを提供する唯一無二の存在として位置づけられています。このポートフォリオというのが、当社では、Technodigit、Luciad、MyVR、新たに買収された Melown Technologies などの研究開発や戦略的買収によって継続的に強化されているものです。」 「今後HxDR が、現在と将来的な市民のニーズを反映するスマートシティとスマート国家プラットフォームの形成に重要な役割を果たすことを期待しています。」

ユーザーは、正確で正確なデジタル表現を活用して3D設計プロジェクトやモデルを実世界のコンテキストで可視化し、共有することができます。データ収集後、ユーザーは簡単にリアリティキャプチャファイルをHxDRに取り込むことができ、自動メッシュ機能が残りの作業を行います。また、Hexagon専有の成長途上の町、都市、風景のコレクションから、実世界のレプリカのライセンスを取得することもできます。 

デスクで、コンピューターにデジタルリアリティツールを使っている女性の画像
「 HxDRは、プロジェクトの効率とコスト削減を高める、シンプルに作成でき、しかも非常に洗練され正確なリアリティキャプチャデータのビジュアライゼーションへのニーズに取り組んでいます。」
Ola Rollén
Hexagonの社長兼CEO

建築家がプロジェクトの関係者と 3D ビルのデザインを共有したり、メディアやエンターテインメントの専門家が生産拠点をリモートでスカウトして生産ワークフローを合理化したり、HxDR を都市計画と開発のためのスマートシティプラットフォームで利用したりする市の職員など、多種多様な業界においてさまざまな用途があります。