CAEfatigue

FEベースの疲労、耐久性、ランダム応答ソリューション。

お問い合わせ

CAEfatigue (CF) は、今日の市場で最も高速で堅牢な疲労ソリューションです。

CAEfatigue には、周波数領域のランダムな応答および振動疲労ソルバーに加えて、時間領域の疲労ソルバーも用意されています。ランダムおよび決定論的荷重の混合や標準時間領域ベースの荷重に対応し、疲労寿命と損傷予測、およびその他の形式の応答統計を提供します。非常に高速かつ操作が簡単で超大型モデルの取り扱いが可能です。

このソフトウェアは、Premium、Frequency、Random、Timeの 4 種類のパッケージ構成で販売されています。上のタブをクリックして、それぞれの具体的なソリューションについてご覧ください。

一般向け疲労解析の普及
従来、応答解析、疲労解析、グラフィカルインターフェースはあまり一般的には使用されていませんでした。つまり、この技術を十分に活用できるのは、専門的なユーザーだけでした。CAEfatigueは、この問題を解決することを目指しています。

このソフトウェアには 2 つのインターフェイスがあります。テキストベースのインターフェイス、Control Fileは、解析の実行に必要な入力管理ファイルを迅速に作成するために用意されています。多くの変数はデフォルトモードで用いられるか、または解析されるシステムに基づいて自動的に計算されます。

グラフィカル ベースのインターフェース、 Process Flowでは、初心者は Control file インターフェースの構造化された形式を理解しなくても、迅速に技術を習得し、理解することができます。インターフェースはシンプルで直感的な操作が可能です。

MSC Oneライセンスパッケージに含まれます

MSC Oneライセンスパッケージをお持ちの場合は、CAEfatigue機能をご利用いただけます。Frequency、Random、Timeパッケージは、すべて MSC Oneから入手できます。ソフトウェアをダウンロードし、内蔵のビデオトレーニングチュートリアルに従うだけで、その他の MSC ソフトウェアツールと同じトークンを使用して疲労シミュレーションを開始できます。

新規ユーザー向けの完全なトレーニングライブラリが含まれます

ソフトウェアのHELPメニューには、包括的な Technology Transferパッケージが含まれており、ソフトウェア GUIから直接アクセスできます。初心者レベルから上級者レベルまでを含む100 時間以上のビデオトレーニング資料が、関連する100件以上の試験問題とともに含まれており、ユーザーの技術の理解を促進します。当社は、現在利用可能な多くの後処理パッケージに存在する機能と視覚的なグラフィックスとともに、エンジニアとデザイナーが求めるシンプルさを提供することを目指しています。

他の周波数領域の競合ツールより、CF を選ぶ理由

  • CFはMSC Nastran、NX Nastran、Abaqus、Ansys、Optistructを含む複数ソースからモデルを処理します。
  • 非常に大きなモデル (Tb+) も容易に処理します。
  • 複数の相関を無制限に入力し、入力間の相互相関の影響に関する正確な計算を含みます。
  • 混合荷重 (例:正弦波スイープ、ランダム荷重(PSD)、連続正弦波、および平均(静的) 荷重などの入力を可能にします。
  • 高度な相当応力モデリングを提供します (例:複素Von-Mises応力、複素主応力など。)
  • 非常に高速な解析を可能にするRunning Sum Technologyを使用しています。
  • 非常に高速なため、膨大な数のジョブを連続実行し、実験計画を行うことができます。
  • 一般的な自動車材料を使用し ( ひずみ-寿命 および 応力-寿命など)、平均応力補正を同じ解析で行います。
  • ランダム応答統計と疲労解析結果の両方を1回の解析で生成します。
  • CFはカスタム可能な技術です。私たちは、ユーザーのニーズや要望に合わせて、戦略的な開発計画を作成するように努めています。お客様のニーズを教えていただければ、実現するために最善を尽くします!

その他の特徴と機能

 

Running Sum Technologyは、第 1 世代のツールより桁違いに高速に解析できます。

複数の入力荷重は、実世界のシミュレーションのために相関性のある複数の入力荷重を可能にします。

シンプルなGUIやコマンドプロンプトにより、簡単に導入できます。

複数の出力オプションが応力応答、損傷および疲労寿命の結果に関する情報を提供します。

リモートインストールにより、大企業での統合が容易になります。

超大型モデルでも、当社のrunning sum technologyを使用して評価できます。

正弦波スイープ(SINESW)の機能拡張により、荷重ユニットの混合がサポートされるようになりました。

材料特性は、解析用に様々な形式で提供できます。

相当応力補正は、より正確な相当応力補正を行う機能を提供します。

平均応力補正は、解析の一部として平均応力補正を行う機能を提供します。

塑性指数は、非線形応答統計の情報を出力します。

損傷感度解析は、設計と使用材料の最適化およびコストと重量の削減に役立ちます。

周波数応答は、最大応答周波数値のフリンジプロットを確認する機能を提供します。

ランダム応答は、変位、速度、加速度および力を出力します。

イベントの繰り返しでは、損傷計算の荷重イベントの繰り返しを指定できます。

応答ノッチは、伝達関数の部分的なスケーリングにより「what if」損傷計算 を行なうことができます。


  • Collateral
  • ウェビナー 

    言語:JA

    タイプ:ウェビナー

    製品:CAEfatigue

    言語:JA

    タイプ:ウェビナー

    製品:CAEfatigue

  • CAEfatigue premium package software not on device
    モジュール

    CAEFatigue Premiumは、周波数と時間の両方のドメインで高度なランダム応答解析を解決します。

    • ×
      人間支援型 autonomy
      周波数の時間領域の両方における高度なランダム応答解析のための物理方程式の自動適用
    詳細はこちら
  • CAEfatigue frequency package software not on device
    モジュール

    CAEFatigue Frequencyは、周波数的領域におけるランダムな応答結果とランダム疲労を解析します。

    • ×
      人間支援型 autonomy
      周波数領域におけるランダムな応答結果とランダム疲労に対する物理学的方程式の自動アプリケーション
    詳細はこちら
  • CAEfatigue random package software not on device
    モジュール

    CAEFatigue Randomは、構造荷重によるランダムな応答結果および疲労結果を解決します。

    • ×
      人間支援型 autonomy
      構造物荷重からランダムな応答結果と疲労結果を解決するための物理方程式の自動適用
    詳細はこちら
  • CAEfatigue time package software not on device
    モジュール

    CAEFatigue Timeは、時間領域の疲労解析を実行します。

    • ×
      人間支援型 autonomy
      時間領域における疲労解析に用いる物理学的方程式の自動アプリケーション
    詳細はこちら