VISI Mould Design

金型開発のための金型設計ソリューション

VISI Mould生産ソフトウェアヒーロー

モールド産業自動化

VISI Mouldは、設計と製造プロセスを自動化するために必要な全てのツールを提供します。

製品機能

特長一覧:

  • 設計変更の自動認識
  • 抜き勾配の視覚化
  • 複数のスプリットライン計算
  • コアとキャビティモデル分離
  • ダイナミックな3Dツール設計
  • カスタマイズ可能なサプライヤーカタログ

 

  • インテリジェントなコンポーネント編集
  • スライド、リフター、柔軟なリフトと搬出ユニット
  • 干渉チェック付き 3D 冷却
  • 連動ツールの詳細設定
  • 自動部品表 (B.O.M.) 作成
  • 製造へのシームレスなリンク。
VISI Mould生産ソフトウェアグラフィック

広範囲なCADインタフェース

VISI Flow は Parasolid、IGES、CATIA、Creo、UG-NX, STEP、Solid Works、Solid Edge、Inventor、ACIS、DXF、DWG、JT Open、STL および VDA ファイルを直接取り扱います。広範囲な変換機で、ほとんど全てのサプライヤーからのデータを利用できることを保証します。インポートプロセス中に破損した記録をスキップする機能により、最も一貫性のないデータを管理するプラットフォームを提供します。非常に大きなファイルも容易に扱うことができ、複雑な設計を用いる操作では、顧客の CAD データを簡単に利用できる利点があります。 


真のハイブリッドモデリング

VISI は、ソリッド、サーフェス、ワイヤーフレーム、またはこれら 3 つの組み合わせを制限なく使用できるダイナミックな構造を提供します。ソリッドモデリングは設計の基礎になりましたが、多くの場合、角柱部品形状や基本的なジオメトリに限定されています。ソリッドモデリングコマンドには、結合、減算、押し出し、回転、スイープ、キャビティ、交差、空洞などのブーリアン演算が含まれます。サーフェス作成技術は、様々なツールと技術を提供し、より有機的で自由な形状のジオメトリを作成することを可能にします。サーフェスモデリング機能には、ルール面、ロフト面、ドライブ面、スウィープ面、nサイドパッチ面、ドレープ面、接面、ドラフト面、回転面、パイプ面作成機能があります。これらのモデリングコマンドと高度なサーフェス編集を組み合わせることで、インポートされたジオメトリの修復や最も複雑な 3D データの構築が容易になります。 


モデルの検証と作成

基本的なモデル作成ツールを使用して、モデルデータの成形実現性、冗長ジオメトリ、破面、形状の非一貫性を自動的に検査できます。抜き勾配解析では、ユーザー定義の色による抜き勾配ゾーンを使用してモデルを迅速に精査し、アンダーカット面や非抜き勾配面を簡単に特定できます。重複したジオメトリを強調表示して抽出し、自動的に警告レイヤーに隔離できます。破面の検出と自動削除により、ソリッドトポロジーを維持しながら、潜在的に問題のある面を削除できます。この初期段階で潜在的な設計上の問題を発見することで、設計時間の大幅な節約につながります。


分割線 / 平面の作成

コンポーネントの周囲に最適な分割線を自動的に生成する方法がいくつかあります。高度なグラフィックインターフェースを通じてコンピュータが生成する結果とのインタラクションにより、ユーザーは個々の設計要件に合わせて分割線を調整できます。完了すると、分割線の結果を曲線ジオメトリとして抽出するか、関連するコア、キャビティ、または側面の移動ゾーンにモデルを自動的に分割することができます。包括的なサーフェス作成ツールと平面分割マネージャーを組み合わせ、最も複雑な分割とシャットオフ面の生成と管理のための強力なツールを作成します。

自動化されたツールアセンブリ

ツールアセンブリにより、設計者は金型ベースレイアウトと関連コンポーネントを迅速に構築できます。Hasco、DME、DMS、Strack、Meusburger、Cabe、Ceni、Danly、FCL、Futaba、LKM、Pedrotti、Rabourdin、Siam、Sideco、Siderurgica、Siscat、TVMP、UMC、VAP、Victoriaなどの主要サプライヤーのライブラリをベースにしたパラメトリック構造により、個々のプレートのパラメータにアクセスできるため、ツールレイアウトの変更が迅速かつ効率的に行えます。プレート寸法を変更すると、接続する標準コンポーネントが自動的に適合します。パーツリスト情報は自動的に作成され、詳細化や在庫発注などの下流プロセスのために外部スプレッドシートとしてエクスポートできます。 


アンダーカットリリースフィーチャ

サイドアクション、リフター、フレキシブルアップおよびアウェイユニットなど、アンダーカットリリースメカニズムを製作するための専用ツールも用意されています。独自のパラメトリックコンポーネントライブラリにより、設計者は成形アンダーカットフィーチャを動的に構築し、金型設計への影響を即座に確認できます。 


インテリジェントなコンポーネント

35以上のサプライヤーが提供するインテリジェントな標準コンポーネントを使用することで、設計者の反復作業が大幅に軽減されます。ねじやその他のコンポーネントの長さは、異なる板厚やルールに基づくパラメータに合わせて自動的に調整されます。イジェクターピンは、必要な3Dキャビティ形状に合わせて自動的にトリミングされます。回転を防止するため、複数のロック方法から選択し、ピンの回転をロックすることもできます。 


冷却システム統合

冷却チャンネルは、専用の冷却ウィザードを使用して簡単に挿入できます。冷却チャンネルのパスをスケッチするだけで、ウィザードが位置とサイズを完全に制御し、冷却ラインが他のツーリング要素と干渉しないように自動近接チェックを行います。標準的な冷却ラインフィッティングは、主要サプライヤーのライブラリから簡単に挿入できます。任意の冷却回路を設計テンプレートとしてエクスポートし、別のツール設計で再利用できます。ボルスターサイズが異なる場合、冷却回路は自動的に新しいプレートサイズに合わせることができます。

ツール詳細度

2D詳細図面一式は、ソリッドツールアセンブリから直接生成することができます。これには、完全に編集可能な2Dおよびアイソメトリック断面図、自動プレート寸法、穴タイプおよび位置テーブルが含まれます。アセンブリ内の任意のコンポーネントから個々の詳細を作成し、3Dレンダリングと2D図面の混合として表示することができます。標準的なカタログコンポーネントであれば、断面図内で正しい詳細表現が可能です。ソリッドモデルを変更すると、完全に関連付けられた寸法と共に2Dビューも変更されます。パーツリストの表項目とそれぞれのバルーン参照は、専用のアセンブリ管理ツールを使用して図面に追加できます。 


製造モジュール

VISIの統合された性質により、個々のプレートの製造はフィーチャ認識を使用して完了することができます。ドリル穴のフィーチャとアパーチャは自動的に選択され、正しい穴あけサイクルと2Dフライス加工ルーチンが適用されます。より複雑なコアおよびキャビティ加工では、VISI Machiningを使用して3D - 5軸の従来型およびHSM切削ツールパスを生成できます。設計から製造まで、プロジェクト全体を通して同じ製品環境内にモデルを維持することで、データの一貫性が保証され、設計プロセスが大幅にスムーズになります。