VISI Flow

金型製造プロセスのための射出シミュレーションソフトウェア

VISI Flow生産ソフトウェアヒーロー

流れる前に知る

VISI Flowは、射出成形金型プロセスのシミュレーションの標準となるものです。

製品機能

特長一覧:

  • CAD/CAE 統合アプリケーション
  • 特許取得済みの独自のソリッドメッシュ技術
  • モデル作成と計算時間の短縮
  • 正確な充填シミュレーション
  • 外観問題の特定
  • 複数のモールド変数
  • 繊維配向性

 

  • マテリアルデータベースカスタマイズ
  • 反り予測
  • 熱分析
  • 冷却レイアウト最適化
  • 冷却供給システムの輸入
  • ガスアシスト成形、共射出成形、オーバーモールド成形、架橋分析。

複数の CAD インターフェイス

VISI Flow は Parasolid、IGES、CATIA v4 および v5、Pro-E、UG、STEP、Solid Works、Solid Edge、ACIS、DXF、DWG、STL および VDA ファイルを直接取り扱います。広範囲な変換機で、ほとんど全てのサプライヤーからのデータを利用できることを保証します。非常に大きなファイルも容易に扱うことができ、複雑な設計を用いる操作では、顧客の CAD データを簡単に利用できる利点があります。


コスト効率の良いソリューション

VISI Flow は、モデル作成と計算時間を短縮する使いやすいインターフェイスを提供します。25年以上前に射出シミュレーション市場に最初に紹介された VISI Flow は、 VISI Modelling の強力な多目的性と有限要素解析の確かな精度を組み合わせています。VISI Flow は、充填分析から歪み計算、熱最適化解析まで、部品 / モールド設計者とプラスチック射出成形技術者向けの完全なソリューションを提供します。

プリプロダクション解析

任意のツール設計を開始する前に予防分析を行うことで、溶接線、エアトラップ、最適なゲートの位置など、潜在的な製造上の問題を検出し、是正処置のための最大限可能な時間枠を提供します。


ポストプロダクション解析

部品がすでに生産中にも関わらず期待通りに機能しない場合、オペレーターは成形シミュレーションを行うことで、成形サイクル中のモールドキャビティ内部の状態をより深く理解することができます。この手順は、さまざまな是正処置の有効性を判断し、成形結果に最も効果的な改善をもたらすのに役立ちます。


コンカレントエンジニアリング

プリプロダクションおよびポストプロダクション解析は、確かに非常に役立ちますが、プロセス全体に関連しない場合、部品 / モールド型 / 成形プロセスの完全な最適化を保証しません。これは、統合された CAD/CAM/CAE 解析によってのみ可能になります。設計と解析環境の間で継続的なデータ交換を行うことで、実現しうる重大な状況の特定、最も効果的な成形パラメータの設定、ランナーと冷却レイアウトの最適化、プラスチック部品製造プロセスのあらゆる部分に関する問題の予測が可能になります。


ランナーと冷却システム

モールド型の最も重要な特徴の 1 つをインポートまたは作成するために、さまざまな方法を使用できます。複雑さにあらゆる供給および調整システムを無制限に解析に含めることができ、簡単に編集して比較分析を算出することができます。


特許取得済みのメッシュ技術

VISI Flow は、独自のハイブリッドメッシュ技術を使用して、非常に短い計算時間で現実的な 3 次元フローシミュレーションを実行します。ソリッドメッシュ作成は、任意の CAD ジオメトリに適用される自動機能で、 VISI Flow のモデル作成時間を短縮し、解析計算を加速します。特許取得済みのメッシュ手法は、コンポーネントのサイズ、複雑さ、または肉厚の影響を受けずに、一貫した結果を提供します。


材料データベース

解析結果の精度は、材料の特性評価に直接関係します。VISI Flow には、幅広い材料グレードとサプライヤーをカバーする広範な材料データベースが含まれています。新しい材料は常に開発され市場に導入されているため、オペレーターは、VISI Flow に新しいポリマーグレードを追加したり、使用中の正確な成形材料に合わせて既存のデータを変更したりすることで、成形材料の正確な表現を保証できます。


充填フェーズ

充填段階では、溶融ポリマーを金型キャビティに注入する際に、あらゆる射出成形加工と同様レベルの管理を実施できます。充填シミュレーションにより、溶解樹脂が部品に充填される様子を予測および視覚化することができ、潜在的な外観問題を特定することができます。充填モジュールには、圧力、温度、せん断応力、凍結スキン、繊維配向、締付力、その他多くなど、成形変数を調査できる多くのツールが用意されています。


形状フェーズ

VISI Flow Shape によって提示される結果により、充填、保持、および凍結成形の各段階の値を処理した後に予測された最終成形形状を視覚化し、測定することができます。軸に沿った変位の観察、反りを計算するための点の位置のクエリ、線形収縮、楕円化の特徴が設定された公差内に留まることの確認を含む結果を評価するために、多くのツールがオペレーターに提供されます。その結果は、保留時間中に保圧状態によって引き起こされるボイドや引けなどの潜在的な欠陥を特定するのにも役立ちます。必要に応じて、反りのモデルジオメトリをエクスポートして元の CAD データと比較し、リバースエンジニアリングやモールド型設計の改善を行うことができます。


サーマルフェーズモジュール

サーマルモジュールは、射出成型金型の温度調節システムの効果を詳細に解析するための強力なツールです。サーマルモジュールは、プラスチックとブロック間の熱交換、ホットランナーとコールドランナー、導電性の高い材料を使用する成形インサートによって発生するすべての温度効果を考慮することで、解析を実行する能力を提供します。冷却システムを解析する機能により、冷却システムに関連する反りを視覚化し、可能な限り短いサイクルタイムを達成する最適なレイアウトを定義することができます。その他の有用な特徴としては、コア温度とキャビティ温度の両方の制御、インサートブロックを通じた温度分布の解析、および部品の固相率に関する射出時間を定義することが挙げられます。


成形プロセスの分析

その他のオプションモジュールを使用することで、連続成形、ガスアシスト、共射出、オーバーモールド技術、架橋グレードなど最新の成形技術のシミュレーションを実行できます。VISI Flow 内のすべてのモジュールと同様に、システムは選択されたジオメトリと材料の等級に関連する分析を作成するために、自動的に重要な値を入力します。