Simufact Additive

金属ベースの積層造形のプロセス設計、仮想試験、最適化のためのシミュレーションソフトウェア

Simufact Additiveによるエンジンマウントのレンダリング

準備はよろしいですか?

Hexagonが貴社をどのようにサポートできるかについて、専門家にご相談ください。

専門知識がなくても金属積層造形プロセスを実行可能にするソフトウェアソリューション。

Simufact Additive

Simufact Additive は、金属ベースの積層造形プロセスシミュレーション用の拡張可能なソフトウェアソリューションです。主にレー ザー粉末床溶融結合法 (L-PDF) と金属用バインダージェット方式 (MBJ) プロセスに焦点を当てています。

Simufact Additiveは、実際に部品が 3D 金属プリンターで製造される前に、印刷、熱処理、切断、熱間静水圧プレス (HIP) および加工プロセス全体にわたる歪み、残留応力、温度分布を仮想的に予測し、補正するように設計されたソフトウェアソリューションです。

正確に必要な金属積層造形プロセス

金属粉末床溶融結合法 (PBF) は、高エネルギーレーザーを照射して金属粉末層を選択的に溶融することで複雑な金属部品を製造する高度な積層造形技術です。

このプロセスでは、金属粉末の薄い層を堆積させ、次にエネルギー源を使用して粉末を溶融・凝固させます。各層が融合するにつれて、精密な形状と複雑な内部構造を持つ三次元オブジェクトが段階的に構築されます。

Simufact Additive は、プロセス全体をシミュレートするため、製造中の高コストの問題を回避できます。

Simufact Additive バイクパーツ SIM 温度のレンダリング

金属バインダージェット方式は、液体の結合剤が金属粉末の層上に選択的に繰り返し堆積される革新的な積層造形プロセスです。3D 部品を段階的に形成し、壊れやすく未完成の状態である「グリーンパーツ」を形成します。

印刷プロセスの後、緑色の部分は金属粒子を焼結する二次工程を経て、密度の高い機能的な金属部品に生成されます。
Simufact Additive は、ポストビルド焼結プロセスによる歪みと自動歪み補正に焦点を当てた初のマルチフィジックス金属バインダージェット焼結シミュレーションソリューションを提供します。

Simufact Additive MBJ Hinge02 SIM 変位のレンダリング

機械加工は、希望の形状、サイズ、仕上げを達成するためにワークピースから材料を切削する減法製造プロセスです。

典型的には、ソリッドブロックまたは材料片から余分な材料を切削するために、様々な切断工具を使用することを伴います。このプロセスは、特定の寸法と表面品質を持つ精密で複雑な部品を製造するために使用されます。3D 印刷された金属部品が厳しい公差を満たす必要がある場合、頻繁に機械加工が必要です。

Simufact Additive の機械加工と呼ばれる減法製造シミュレーションモジュールは、部品形状と残留応力に対する減法製造プロセスの影響をシミュレートできます。

Simufact Additive による加工 SIM 変位のレンダリング

形状検査とは、物体の物理的な寸法、形状、特徴を評価し、指定された設計要件を満たしていることを確認するプロセスです。これは、製造部品の精度と品質を検証するために不可欠です。

三次元測定機 (CMMs)、レーザースキャナー、3D スキャナーなどのさまざまな測定技術とツールを使用して、部品の形状に関する詳細なデータを取得します。収集されたデータは、元の設計仕様と比較され、逸脱や欠陥があれば特定されます。Simufact Additive を使用して、さらに調査が必要な重要な領域を特定することができます。

Absolute Arm 7 軸 RS5 アプリケーションモールド

指向性エネルギ蒸着(DED)は、集束したエネルギー源を使用して基板上に粉末またはワイヤーの形態で材料を正確に堆積させる積層造形プロセスです。このエネルギー源は、レーザー、電子ビーム、またはプラズマアークです。材料は堆積されると融解し、基材または以前に堆積された層と融合します。DEDは、複雑な3次元構造の構築、既存のコンポーネントの修復、または表面を修正するための材料の追加に使用されます。

Simufact Weldingでは、この特定の技術を詳細にシミュレーションできます。

Simufact Welding による指向性エネルギー体積法(DED)タービン  SIM 温度のレンダリング

Simufact Additive で 3D AM 部品を最初から正しく印刷

最適化

金属 AM プロセスの設計と最適化:

  • 積層方向と支持構造を最適化する
  • 部品を設計通りに印刷するために歪みを自動的に補正
  • 基準に基づく部品の不具合を示す。例:リコーター装置の衝突または亀裂のリスク
コスト削減アイコン。製品の利点

コスト - 個々の部品と印刷ジョブ全体のコストを予測。

ナレッジ

シンプルさ - 使いやすく直感的なソフトウェアソリューションは、プロセス指向の設計になっているため、専門知識は不要です。

持続可能性

持続可能性 - 高価で時間のかかる物理的なテストを仮想テストに置き換えることで、材料、時間、コストを節約します。

「積層造形シミュレーション方法は、残留応力のない、歪みのない軽量構造のモデルを達成するのに役立ちました。これは、部品を物理的に最初から正しく印刷するAM設計者にとってより有用です。」
Radhakrishnaiah Bathina
技術専門家
Bosch India

Simufact Additive の詳細はこちら

関連記事

電子書籍

積層造形 2020

よりスマートな3Dプリント - 設計により初回で成功

電子書籍

AMのための設計

業界全体の未来に貢献します。

ホワイトペーパー

仮想シミュレーションによるコスト削減

製品開発における最適化の可能性を認識し、製造プロセスに導入する方法をご覧ください。

準備はよろしいですか?

Hexagonが貴社をどのようにサポートできるかについて、専門家にご相談ください。