OT/ICS サイバーセキュリティ

オペレーショナルテクノロジー / 産業用制御システム

サイバーセキュリティのデジタルデータ、デジタルデータネットワークの保護、グローバルネットワーク、5G高速インターネット接続、ビッグデータ分析背景のロックアイコン

OT脆弱性リスクの軽減

PAS Cyber Integrity 7.2は、リスク分析に関して企業全体を総合的に表示します。

詳細はこちら

概要

メリットと導入

  • OT/ICS 資産の完全な在庫を維持(レベル 3.5) 
  • センサーデータの完全性を保証 
  • 設定したベースラインに対する設定変更を識別 
  • パッチ レベルの評価で脆弱性を継続的に管理 
  • ITと OT/ICS エンドポイントの両方に対するサイバーセキュリティのリスクを特定 
  • 脆弱性修復のワークフローと文書化、NIST、ISA/IEC 62443、NERC-CIP、ISO27001/2、NIS指令などの法規制に対するコンプライアンス 
  • 重要な制御システムデータのバックアップにより復旧を加速化し、詳細な科学捜査解析をサポート 

メリット 

  • 産業制御システムをサイバー脅威から保護 
  • エンドポイントの重大な脆弱性とリスクを特定 
  • 主要な制御システムメーカー全社の管理 
  • 科学捜査解析とインシデント対応を加速化 
  • 予期しないシャットダウンを防止 
  • 迅速な回復が可能 

導入 

  • OT セキュリティのニーズと成熟度の増加に合わせて製品内拡張を行うモジュール型ソリューション 
  • 視覚化: サイバーインテグリティ - インベントリ 
  • 脆弱性 サイバーインテグリティ - 脆弱性管理 
  • 包括的な OT セキュリティとリスクマネジメント: サイバーインテグリティ - エンタープライズ 

 



バイナリ 1 および 0 としてデータを示す抽象画像

検索する

フィルター
{count} アイテム
産業
グループ
自律機能を搭載した製品を表示
持続可能性用途がある製品を表示