公共サービス業向けGoogle Maps

リクエスト価格

価格設定について詳しく知りたいです。

利点


  • アセット&フィールドサービスマネジメント

    Google Maps Platformを使用すると、資産やフィールドチームを管理するための位置情報ベースのツールを利用して、タイムリーな修理、安全性の向上、顧客満足度の向上を図ることができます。それにより、以下のことが可能になります。

    • 資産の位置をマップし、メンテナンス活動を追跡
    • リソースをより迅速かつ正確に派遣し、ルートを確保
    • 組織全体でデータを共有し、効率的かつ最新のタスク管理を実現
    • 収集した情報をインポートして分析することで、問題の特定と予測を改善し、リスクを軽減が可能
  • お客様とのコミュニケーション

    Google Mapsを使用すると、公共事業のお客様にメンテナンスや修理のスケジュール、サービスの状況をお知らせすることができます。それにより、以下のことが可能になります。

    • 業務効率を高め、顧客が適切なタイミングで適切なメッセージを受け取れるようにする
    • サービスに影響を及ぼす可能性のある計画停電や計画外の停電について、顧客に通知する。
    • デスクトップやモバイルのウェブサイトやアプリで情報を配信
    • プロパティレコードに基づいて、今後のサービスについてプロパティ所有者に通知するためのメーリングラベルを迅速に生成可能

    関連リソース

    ホワイト ペーパー: Google マップを使用した公益事業の運用と顧客体験の改善

  • 公共サービス業向けのAPI

    アセットやフィールドサービスの管理や顧客とのコミュニケーションをサポートするAPIには、以下のようなものがあります。

    • Maps API は、ストリートビュー画像を含む静的および動的なマップを表示します。
    • ジオコーディング API は、住所を地理座標に変換します。
    • Places API は、報告された場所に基づいて正確なアドレスにフィールドクルーを送信します。
    • Directions APIは、リアルタイムのトラフィックに基づいて、フィールドサービスチームへの現在および将来の移動時間を計算し、指示を提供します。