Elements 1DCAEシミュレーションソフトウェア 

マルチフィジックスシステムの統合とシミュレーション

【ウェビナー開催情報】
トークン制ライセンスシステム「MSCOne」で使える 1D CAE ツール 「Elements」のご紹介

CAEソフトウェアをフレキシブルにサブスクリプション方式で利用できる【MSCOne】で使用できる1D CAEツール「Elements」を紹介します。

【開催日時】611日(火)16:30-16:50
【参加方法】Webフォームでのお申込み

お申込み&詳細ページはこちら

Elements (1DCAEシミュレーションソフトウェア)は、素早く設計をテストし、パフォーマンスと実現可能性を評価し、製品開発を加速することを可能にする、マルチフィデリティ、マルチドメインモデリング、および解析を提供します。

その直観的なドラッグ & ドロップライブラリは、複数のドメインからコンポーネントを簡単に接続し、マルチフィジックスに対応することにより、単一のモデルで複雑なダイナミクスを把握し、機械、電気、熱、油圧、空気圧、その他の多くの影響から生じるシステムレベルの問題を解決します。

Elements は Adams や Easy5 など、他の Hexagon 製品との強力に連携し、他のツールとのオープン性により、ロボット、エネルギー、包装とロジスティクス、自動車、航空宇宙、重機、その他に関する早期の意思決定とシステム統合作業を支援する強力なシミュレーション体験を提供します。

Maplesoft

Maplesoft 提供

 

機能

  • システムのモデリング、設計、シミュレーションにかかる労力を軽減

    事前定義されたコンポーネント、豊富なライブラリ、直観的なドラッグ & ドロップモデリングを利用することにより、CAE モデルやコーディングへの深い知識が不要になり、システムを迅速にシミュレートし、様々な外部および内部入力に対する反応を確認することができます。Elements は従来の CAE よりもはるかに簡単に習得できます。特定の業界向けのサンプルモデルが用意されているため、直ちに始められます。

  • 包括的なマルチドメインモデリング

    複数のドメインを 1 か所でモデル化し、設計およびフィジビリティ・スタディ中に物理的な相互作用を考慮し、十分な情報に基づいたエンジニアリングおよびビジネス上の意思決定を行います。複雑なシステムの機能的な挙動を早期に理解することで、システムまたはコンポーネントの要件を導き出し、設計コンセプトを迅速に試験することで、より短時間でより多くのアイデアを検討し、開発コストを削減できます。

  • 十分な情報に基づいた情報で早期に意思決定

    Elements は、高速で正確なシステムシミュレーションのニーズに達する前に、設計オプションを検討し、十分な情報に基づいたエンジニアリング上の意思決定を可能にします。Elements は、レイアウトが未確定でデータが不足している場合でも、コンセプト設計段階に合わせたシミュレーションを提供するために最適です。Elements を使用し、基本的なシステム統合と設計に関する質問を行い、設計の方向性を決定します。

  • SmartFMU 経由の接続

    Elements は、その他のソフトウェアパッケージや物理的なハードウェアに接続するための業界標準である FMI に 100% 準拠し、テストや検証時に使う実際のプロトタイプの必要性を低減化します。特定のドメインにあまり経験のないサプライヤーや同僚には、必要に応じて、従来の暗号化された方法でFMU を提供することができますが、Elements の SmartFMU 機能は、信頼されたユーザーに FMU をロック解除するオプションを提供します。この FMU はもはや「ブラックボックス」ではなく、元のモデルを表示、調査、編集、再作成することができます。Hexagon の他の製品と接続することで、この拡張機能を利用してサイロを分解し、部門間のボトルネックを削減できます。

  • 計算の効率性

    Maplesoft の信頼され、検証された技術に基づく、Elements の強力で象徴的なモデリングエンジンは、モデルの忠実性とパフォーマンスの間に妥協を許しません。従来の方法では一般的なソルバーをユーザー指定の入力ファイルに適用しますが、Elements はソルバーとモデルデータをシステムのテスト ケースのために正確に最適化された、一つの実行可能ファイルに結合します。モデルにドラッグ & ドロップするすべてのコンポーネントは、コンポーネントの方程式だけでなく、その最適な解決方法も提供します。モデル自体は高精度で構築されていますが、カスタマイズされたソルバーにより、シミュレーションが驚くほど迅速になり、 他の方法よりもはるかに高速です。

  • カスタマイズが簡単に

    Elements は、強力なオープンソースのモデリング言語である Modelica をベースにしており、完全に自由なカスタマイゼーションが可能です。ほとんどのユーザーは、この製品に付属する専門家が作成したライブラリを活用していますが、ドメイン専門家は、各コンポーネント内の方程式を検査し、それらの方程式を拡張または強化したり、独自のコンポーネントやライブラリをゼロから作成したりすることができます。

  • Case studies
  • Webinars

ウェビナー

マルチフィジックスシステムのシミュレーションと統合:Elements のご紹介