Hexagon の Leica BLK2FLY は、 TIME 誌の2022年最高の発明品の 1 つに選ばれました

10 11月 2022

Hexagon AB は、センサー、ソフトウェア、自律テクノロジーを組み合わせたデジタルリアリティソリューションのグローバルリーダーです。本日、 Leica BLK2FLY がTIME 誌の2022年最高の発明品 の1 つに選ばれたことを発表しました。 

BLK2FLY は、その生産性と革新性で知られており、世界初の完全統合自律飛行型レーザースキャナーです。これは、速度、ポータビリティ、使いやすさ、モビリティで知られる Hexagon の BLK シリーズの自律型リアリティキャプチャセンサーの一部です。

TIME 誌はリストを作成するために、世界中のTIME 誌の編集者や特派員から、またオンライン応募プロセスを通して推薦を集め、電気自動車産業、グリーンエネルギー、メタバースなどの成長分野に特に注意を払いました。各候補はオリジナリティ、効果、野心、影響を含む多数の主要要素について評価されました。

「当社のリアリティキャプチャ技術は、今年最高の発明の 1 つとして「TIME 誌」に認識されました。非常に光栄で感動的です。自律的で持続可能な未来を実現するスマートデジタルリアリティ ™ を構築するという当社のミッションが認識されました」とHexagon の社長兼 CEO である Ola Rollén は述べています。「私たちの技術は、世界をよりよい場所に変え、かつては不可能と考えられていたコンセプトを、全ての人々に恩恵をもたらす実際のソリューションに変えることを目指しています。品質、生産性、効率、安全性を収益性の高い方法で最適化することで、私たちはリスクの軽減、無駄の低減化、コスト削減を通して業界が持続可能性を達成することを支援します。」

LiDAR ベースの無人航空機(UAV)として BLK2FLY は、コストがかかる複雑な問題に対処し、大規模な屋外空間から複雑な構造物や環境まで、すべてを迅速かつ正確に捉えます。例えば、建物の構造を改築する場合、これまでアクセスできなかった、またはアクセスが困難だった屋根やファサードなどの外観寸法を簡単に取得することができます。結果として得られる着色された 3D 点群データは、ビルディング情報モデリング(BIM)プロセスに有益であり、インフラから公共事業、産業施設まで、現場の状況を文書化し、資産運用を改善します。

TIME 誌の2022年最高の発明品の全リストはこちら:time.com/best-inventions-2022

詳細は、下記にお問い合わせください:
Anton Heikenström、Hexagon AB、投資家向け広報およびビジネスアナリスト、+46 8 601 26 26、 ir@hexagon.com
Kristin Christensen、最高マーケティング責任者、Hexagon AB, +1 404 554 0972、media@hexagon.com

Hexagonはセンサー、ソフトウェア、自律型テクノロジーを組み合わせたデジタルリアリティのグローバルリーダーです。当社は産業、製造、インフラ、公共部門、モビリティアプリの全域でデータを活用することで効率、生産性、品質および安全性を高めています。  

Hexagonのテクノロジーは、拡張可能であり、かつ持続可能な将来を保証し、相互に接続された自律的な生産と人間のエコシステムを形成します。 

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B) は世界50か国に約23,000人の従業員を擁し、売上高は約43億ユーロに達しています。詳しくは hexagon.comをご覧ください。@HexagonAB で私たちをフォローしてください 。

Media Enquiries
Kristin Christensen
Chief Marketing Officer
Hexagon AB
Email icon The Email ampersand icon Twitter The Twitter bird icon Phone icon A touch screen phone with a circle home button icon