「MSC Apex Generative Design 2022.2」リリース

Hexagon

Apex GD 1


Hexagonでは、「MSC Apex Generative Design 2022.2」をリリースしました。

MSC Apex Generative Design 2022.2 リリースでは、MSC Apex との連携を中心に機能の追加と改良が多く行われております。

機能強化や新機能をより迅速に提供するために、MSC Apex Generative Designは四半期ごとのリリースサイクルに移行しましたので、お客様へ年間を通じてより頻繁なアップデートを提供することができます。

 

■最適化された形状を詳細に検証するための機能追加

設計候補に対して荷重と拘束と材料のマッピングが自動的に行えるようになりました。•ポスト処理の“設計候補の形状を前処理へ転送“ボタンを実行すると、自動的に NURBS へ変換し、設計領域との交差を実施します。その後、荷重と拘束がマッピングされ、材料がこの新しい形状に割り当てられます。

Apex GD 2

上記の処理が行われた MSC Apex Generative Design のデータベースを MSC Apex で開くことができます。MSC Apex では、荷重と拘束と材料情報がマッピングされた設計候補の形状にメッシュを作成し、直接FEシミュレーションを実行して設計候補を詳細に検証することができます。

動的荷重を追加し、周波数応答解析や非線形解析を実行して、設計候補の性能を評価することもできます。

Apex GD 3

 

■最適化エンジンの機能向上(SuperVoxelフェーズ1):

パフォーマンスが向上しました。

最適化中のメモリ使用量が削減されました。(小規模の GPU でより高い複雑度の設定を可能)。

 

■使いやすさの向上:

アプリケーション設定のデフォルトで GPU オプションが有効化されました。使用可能な GPU がない場合、最適化は自動的に CPU を使用して計算が実行されます。

 

■サポートされているCADシステム

Apex GD 4

Apex GD  5

 

これらの詳細に関しては、「MSC Apex Generative Design 2022.2リリースガイド(日本語版)」をご参照ください。

MSC Apex Generative Designの基本的な機能紹介と操作体験を行っていただきます“MSC Apex Generative Design体験セミナー”と、14日間の無償ライセンスを提供する“MSC Apex Generative Designフリートライアル”を随時受け付けております。

ご興味がございましたらお手数ですが営業までご連絡ください。

フリートライアルは、以下のサイトからもお申し込みいただけます。

https://www.mscsoftware.com/MSC-Apex-Generative-Design/Free-Trial

以上

 

■この件に関するお問い合わせ
マーケティングコミュニケーション部  秋元

TEL: 03-6275-0870 / E-mail: hexagonmi.jp.marketing@hexagon.com


Hexagonはセンサー、ソフトウェア、自律型テクノロジーを組み合わせたデジタルリアリティのグローバルリーダーです。当社は産業、製造、インフラ、公共部門、モビリティアプリの全域でデータを活用することで効率、生産性、品質および安全性を高めています。

Hexagonのテクノロジーは、拡張可能であり、かつ持続可能な将来を保証し、相互に接続された自律的な生産と人間のエコシステムを形成します。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B) は世界24,000か国に約 50°人の従業員を擁し、売上高は約52°ユーロに達しています。詳しくは hexagon.comをご覧ください。@HexagonAB で私たちをフォローしてください 。
お問い合せ先
Robin Wolstenholme (イギリス)
グローバルメディア対応およびアナリスト対応マネージャー
Hexagon
Email icon The Email ampersand icon Phone icon A touch screen phone with a circle home button icon