不動産業向けのGoogle Maps

Google Maps Platform for real estate

利点


  • リスティング用マップ ウェブサイト&アプリケーション

    Google Maps Platformを利用することで、不動産や不動産管理のリスティングサイトやアプリケーションに直感的な地図を追加することができます。また、API は、マルチプル リスティング サービス(MLS)の B2B ソリューションをサポートし、不動産投資機関や保険リスク評価者が物件を評価できるようにします。Google Mapsを使用すると、以下のことが可能になります。

    • 顧客やユーザーが使い慣れた使いやすいマップを提供する
    • デスクトップやモバイルのウェブサイトやアプリにコンテンツを簡単に配信できます。
    • 物件の位置や周辺地域を示す高解像度の画像を含む
    • クライアントやユーザーが物件の場所を知ることができるように、キュレーションされたストリートビューコンテンツを提供します。
    • 15,000万以上の場所がマッピングされており、クライアントに興味のある場所の情報を検索する機能を提供します。
  • 不動産業向けAPI

    リスト化、情報共有、評価をサポートするAPIには、以下のようなものがあります。

    • Maps API は、ストリートビュー画像を含む静的および動的なマップを表示します。
    • ジオコーディング API は、住所を地理座標や逆座標に変換します。
    • Places API は、報告された場所に基づいて正確なアドレスにクライアントを送信します。
    • Directions APIは、リアルタイムのトラフィックに基づいて、現在および将来の移動時間を計算し、クライアントに道案内を提供します。
    • Distance Matrix API は、クライアントに通勤時間のシナリオを提供します。