積層造形のための設計とは?

積層造形用設計ソフトウェアスクリーンショット
積層造形用設計は、統合された積層造形製品の設計と製造プロセス開発ワークフローでメーカーを支援し、ワークフロー全体でデータの完全性を確保し、迅速なエンジニアリングの反復と真の共同作業を可能にします。

製品および関連する製造プロセス開発ワークフローで使用されるさまざまな用途を統合する、クラウドベースの接続型ワークフロの恩恵を受けることができます。

ジェネレーティブデザインを使用して、積層造形用にカスタマイズされた軽量の印刷対応設計を作成します。

次に、生産に向けた準備を行い、部品をバーチャルで印刷して、潜在的な製造上の問題を特定します。

  • オープン API & STD データフローによるシームレスな統合。
  • 直接的かつ即時のデータ同期による流動的な共同作業。
  • 視覚的に協調的なホワイトボードによるリアルタイムの洞察。

Nexus プラットフォーム

Hexagon の DfAM ワークフローは Nexus プラットフォームを介して接続され、製品設計から製造可能性チェック、製造上の問題緩和、印刷準備まで、シームレスで協調的な実行を実現します。

オールインワンの機能。最初から正しく印刷してください!

  • ジェネレーティブデザイン
  • 資材管理
  • 仮想製造と原価計算
  • ビルドの準備
  • 寸法解析
  • 形状補正
積層造形プロセスを示す図
  • 特徴および利点

    特長:

    • ライブデータコラボレーション
    • FEA の専門知識不要
    • クラウドベースのオープンベンダー間統合
    • カスタマイズされたワークフロー
    • 積層造形シミュレーションにおけるリーディングカンパニー
    • 仮想品質検査のための計測統合データ
    • 統合された材料データの規制遵守と管理

    利点:

    • 生産時間を短縮
    • 材料のコンプライアンスを保証
    • データ流出を防止
    • ワークフロー全体で真のコラボレーションを実現

ソリューションを見る

Hexagon の DfAM ワークフローは Nexus プラットフォームを介して接続され、シームレスで協調的な実行を実現します。Nexus を導入する準備はできていますか?

積層

造形 (DfAM) のための設計

製品および関連する製造プロセス開発ワークフロー

使用されるさまざまなアプリケーションを統合する、

クラウドベースの接続されたワークフローの利点を享受してください。