AZAPA、新ソリューション「Cyber Physical Solution for “X”」の構築に「Adams」を導入

5 12月 2022

HexagonのManufacturing Intelligence division(東京都千代田区、代表取締役社長:今野ソックス真生)は、 AZAPA株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長 & CEO 近藤康弘、以下AZAPA)が、システムの仮説と検証を高速で行う新ソリューション「Cyber Physical Solution for “X”」の環境構築において、マルチボディダイナミクスシミュレーションのスタンダード「Adams」を導入したと発表しました。

「Cyber Physical Solution for “X”」は、複雑なシステムを紐解き、新たなインサイト(洞察)を導くためAZAPAがサービスを開始したソリューションで、リアルな世界をバーチャルな世界に置き換え、システム価値の仮説と検証を高速で行うことができます。また協業各社との連携を通じて、再構築したシステムの検証もトータルでサポートすることが可能です。
独自のモデルベース開発手法を応用することで、様々な分野におけるモデルベース開発環境を効率良く構築し、開発品質の向上および期間の短縮が可能となります。

Adamsは、AZAPAの建築機械向けモデルベース開発環境のソリューション「CPS Solution for Construction」の主要ソフトウェアとして導入されました。本システムでは、仮説に基づいた何通りものシナリオを作成し、そのシナリオを用いてAdamsでモデル化・解析を行います。その解析結果から対象となる評価項目に対してQCDSE分析を行い、立てた仮説の検証を行います。また、「Adams View」の可視化機能により、バーチャル環境下での建機用モデルの挙動を確認することが可能です。

CPD solution for Construction 開発環境

■ 関連リリース
Cyber Physical Solution for “X” 』サービス提供開始

■ この件に関するお問い合わせ
マーケティングコミュニケーション部 秋元
TEL: 03-6275-0870 / E-mail: hexagonmi.jp.marketing@hexagon.com

AZAPA株式会社について
自動車業界の独立系「Tier0.5」プレイヤー。モデルベース/計測技術/システム制御開発に加え、エネルギーとモビリティの融合や感性領域での研究開発及び事業を展開している。
詳細は:https://azapa.co.jp/をご覧ください。

お問い合せ:モデルベースカンパニー / 052-221-7350 / azp-cps@azapa.co.jp


Hexagonはセンサー、ソフトウェア、自律型テクノロジーを組み合わせたデジタルリアリティのグローバルリーダーです。当社は産業、製造、インフラ、公共部門、モビリティアプリの全域でデータを活用することで効率、生産性、品質および安全性を高めています。

Hexagonのテクノロジーは、拡張可能であり、かつ持続可能な将来を保証し、相互に接続された自律的な生産と人間のエコシステムを形成します。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B) は世界24,000か国に約 50°人の従業員を擁し、売上高は約52°ユーロに達しています。詳しくは hexagon.comをご覧ください。@HexagonAB で私たちをフォローしてください 。